troutbum_toby

ginzanko.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 24日

銀山(奥只見湖)レイトロ&枝折峠ライド 20170623

大物ハンターM氏が銀山入りするとの情報を聞きつけ、ならばとワタクシも銀山入り。。

a0252243_21025001.jpg

23日04時の外気温9度、水温約17度。

M氏と軽く挨拶を交わし、しんちゃんからも情報をもらい出船。
恒例の霧で周囲が見えず。

a0252243_21062652.jpg

軍艦手前から引き始めるも、中ノ又から白板までまるで魚信ナシ。
時期的に白板かなぁと徹底的に白板を攻めるも、岸に寄っても沖へ出ても魚信ナシ(笑)

白板を諦め、南沢〜神社〜仕入の周遊コースを取ると仕入出合いで初アタリが出て40岩魚、仕入に入り小岩魚。。

a0252243_06325854.jpg

うーむー。。。

小さいのを釣ってても仕方ないので、その後デカシェルで本流ど真ん中を男引きするも、虚空蔵沖で一発アタリがあったのみ。。

a0252243_06400596.jpg

M氏に状況を聞くもやはりなかなかに厳しい状況らしく、彼でさえ苦戦している状況で私なぞに釣れるハズもないのでランチ休憩。

a0252243_06423163.jpg



その後、湖山荘しんちゃんの予想通り午後は風が出始める。
期待をこめて北ノ又筋ど真ん中を流すもアタリなく、寂しくなって岸へ寄ると。。。(笑)
a0252243_06450159.jpg

よく食ったね(笑)

小さいけれども綺麗な魚だったので写真を撮っていたら、いつの間にか風で船が回ってしまったらしく反対側のレッドコアをスクリューに巻いてしまい8色から高切れ、ラッキーシェルアワビもろともロスト。。
なんともマヌケすぎるミスにしばらく自己嫌悪でボー然。。

しかし、高価なルアーを奉納したのだからもしかしたら見返りがあるかも?!と片舷のみで再開するも、そんな人間に銀山の女神様が微笑むハズもなく。。

a0252243_06515218.jpg

ファンタジア号がやけに寂しく見える(笑)

今日は久々に気力体力共に充実していてほぼひたすら引き続けたのだが、気合だけが空回り。

下船後、明日ライドする予定のR352へ行ってみると、まだ冬季通行止め(笑)

a0252243_07044425.jpg

疲れが一気に出て、宿へ戻る(笑)

a0252243_07033707.jpg


a0252243_06550512.jpg

疲れが吹っ飛びまんなぁ。。


その後M氏の到着を待ち、お楽しみの夕食。

a0252243_07495309.jpg


a0252243_07511980.jpg


a0252243_06590240.jpg


a0252243_06592748.jpg



芦ノ湖の話し、ビッグミノーの話し、大物の話し、その他もろもろ…
M氏といろんなお話しをさせていただきながらの夕食は最高に美味かった。

夕食後にはしんちゃんとよっこさんも加わり、囲炉裏を囲んでの釣り談義。
日帰り釣行メインなワタクシには非常に貴重な時間(笑)



翌朝。。。

予定していたR352ライドは中止になってしまったものの、とりあえずやはり四時に目が覚めてしまったので、朝食前に車で雲海ポイントへ。
到着がちょっと遅かったのか、雲海は少ししか出ていなかった。

a0252243_07113104.jpg

a0252243_07115607.jpg

しかしながら本当に神々しい素晴らしい景色。
目で見ると本当に美しいのだが、何度撮影してもその美しさが撮りこめず。。
花火の写真、雲海の写真、結婚式の写真、この辺は撮影するたびにいつも自分の腕の無さに打ちのめされる(笑)


宿へ戻り、朝食。

a0252243_07154256.jpg

何で宿の朝ごはんてこんなに美味いのだろう(笑)
当然ごはん2杯(笑)


その後枝折峠ライドへ。

a0252243_07180085.jpg

a0252243_07181776.jpg

a0252243_07183847.jpg

a0252243_07191544.jpg

a0252243_07204257.jpg

まだまだ雪がたくさん。
さすが銀山。

ちょこちょこ撮影しながら枝折峠頂上へ。

a0252243_07212212.jpg


a0252243_07230351.jpg


小出側からの登りはこれよりもはるかに長くてキツい。
いつか私にも登れる日が来るのかな。。


一気に山を降り宿へ戻ると遠くからあけびちゃんがワンワン吠えて尻尾をブンブン振り回しながら私を待っていてくれた(笑)

a0252243_07271779.jpg

a0252243_07284271.jpg



宿の若が鎖を外すと一目散に水浴びに(笑)

a0252243_07300194.jpg
この表情(笑)
生き返りまんなぁ(笑)


岩魚の燻製作りに精をだす若を見守るあけびちゃん。
a0252243_07325941.jpg
美味いの作れよぉ(笑)



相変わらずデカい魚には縁が無いけれど、いろいろ充実した最高な二日間でした。
時々「もっと真剣に釣りをしなさい」とアドバイスをいただくこともあるのですが、これが私の「釣り」「銀山湖」なのです(笑)


ユルくても、良いじゃん(笑)
ね、あけびちゃん。
a0252243_07400459.jpg


[PR]

# by troutbum_toby | 2017-06-24 20:02 | 銀山 | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 17日

2017 銀山湖初戦

新緑と残雪の銀山湖へ、IYさんとルアーキャスティングメインで行ってきました。

a0252243_09543848.jpg

03:30、銀山平外気温9度水温5度。
冷たい雨が降る中、出船。
今回は不慣れなルアーキャスティングメインなためにポイント選択にかなり悩んだのだが、最近好調らしい北ノ又筋から攻めてみることに。
下荒沢周辺で早速湖岸にワカサギが目視出来て一気にヤル気が高まるも不発。
移動して滝口と仕入出合を探るも不発。

その後本流筋を攻めるか北ノ又へ戻るか悩み、再度北ノ又筋を選択し朝イチにワカサギが目視出来た辺りへ移動。

a0252243_10050926.jpg

どうやらコレが本日の敗因らしい。。


9時過ぎに下荒沢付近まで戻ったものの、空を見ると間も無く本降りになりそうな気配。

a0252243_11434022.jpg

徹夜明けでアタリも無く身も心も冷え切ったIYさんは車で仮眠して暖をとるというので、IYさんを桟橋で降ろして私はトローリングすることに。

昨年好調だった夜光とアワビでスタートするもアタリ無く、岸側の夜光をツノにチェンジ。
すると数分後にロッドが入りなんなく40ちょいの岩魚。
再度流し始めるとまたもやすぐにロッドが入るが、パラダイムが根元近くから曲がってガンガンのされている。。
ロッドを手に持った瞬間に50確定は確信したが、明らかにこの重みと暴れっぷりはそれ以上。
何回もドラグを出され、ラインがゴミに引っかかってヒヤヒヤしながら寄せてくるも、水中でギラリと反転した姿が若干虹色を帯びていたような。。。

a0252243_11211959.jpg

やっぱり(笑)しかも60超え(笑)

a0252243_11215049.jpg

何年か前にも騙されたなあ。。
良い夢見させてもらったよ(笑)



12時過ぎにIYさんも復帰して再スタート。
午後は雨もやみ、時折顔を覗かせる綺麗な青空の下、中ノ又の滝を中心に打って行く。

a0252243_11302610.jpg

a0252243_11310267.jpg

a0252243_11313957.jpg

新緑と残雪と青空のコントラスト、私が一番好きなシーズン。
本当に綺麗だった。


上を見ると除雪部隊が豪快にR352の除雪作業をしていた。

a0252243_11344775.jpg

a0252243_11365366.jpg

危険な作業。ご苦労さまです。


時間いっぱいまで頑張ったのだが、最後にチェイスがあっただけで結局終了。

a0252243_11480330.jpg
新緑と残雪と流雪。この時期ならではの銀山湖。
雲の切れ間から柔らかい光が差し、とても綺麗だった。



IYさんの銀山湖初チャレンジは、結局ヘボ船長のせいで結果を出せずに終了。。
ホント、申し訳ない。。

でも、これが銀山湖(笑)
この気むずかしさ気まぐれさゆえに、一尾の感動もまたひとしお。
懲りずにまたチャレンジしてください。


宿に戻ると新潟のテレビ局が取材に来ていた。
私が着いた時にはアナウンサーさんが水槽の岩魚にワカサギを与えるシーンを宿の若が解説しながら撮影していたのだが、どこのテレビ局でいつ放送なのか若に聞いて見たところ、

「ごめん、全然知らねー」(笑)

照れ隠しでそう答えたのかと思ってたのだが、どうやら本当に知らないで取材に受け答えしていたようだ(笑)
実にしんちゃんらしい(笑)
(どうやら新潟ローカルで6月に放送予定だとか?)


その後、尻尾をブンブン振り回して待っていてくれるあけびちゃんと少し遊んでから山を降りた。

a0252243_12032651.jpg

a0252243_12035163.jpg

また遊んでね。



下山後、小出のモンブランで開高めし。

a0252243_12045834.jpg

美味かった。
その後更に湯沢のスーパーノグチで新潟土産を買い込む。
魚は釣れなかったけど、IYさん的には良い銀山湖釣行のシメになったかな。


しかし、またしても銀山サーモンでロクマルの壁を超えてしまった(笑)
けれど、数年前にロクマルサーモン釣った次の釣行では56岩魚が釣れたから、今年もそうなるのでは無いかと実は密かに期待している。。。(笑)




[PR]

# by troutbum_toby | 2017-05-17 09:51 | 銀山 | Trackback | Comments(6)
2017年 04月 12日

桜とmadone。。

a0252243_20330159.jpg


a0252243_20332339.jpg



a0252243_20340522.jpg



a0252243_20343150.jpg



a0252243_20351236.jpg



a0252243_20353229.jpg

おしまい

[PR]

# by troutbum_toby | 2017-04-12 21:51 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 05日

渡良瀬ライド&藤屋食堂&アングラーズエリアhook

AM渡良瀬ライドPM渡良瀬川フライフィッシングの予定でP師匠と出かけてきました。

a0252243_10135871.jpg

P師匠到着前に川の状況を偵察がてらポタポタしてみるも、何だか私が知るこの時期の渡良瀬と様子が違う。
釣り人も皆無だし魚っ気も感じられない。。

a0252243_10190387.jpg

その後P師匠と合流し足利方面へ。

a0252243_10210573.jpg

タイレルのクロモリに試乗させてもらうも、走り出しからして私のマドンよりも走りが明らかに軽い。
これが「コンポーネントの差」というものなのか。。
そういえば以前K女史のチネリに乗せてもらった時も、踏めば踏んだだけグイグイと前に進んでいく感覚にやたら感動した記憶があるが、自転車初心者のワタクシにはまだまだ分からないことばかりだ。。




川を見ながら走るも途中見かけた釣り人はルアーマン1人のみ。

うーむ。。。

いろいろと答えが見つからないままにそのまま折り返して桐生の藤屋食堂へ。

a0252243_10275347.jpg

ちょっと早く着いてしまい外で開店待ちしていると、親父さんがニコニコと満面の笑みで迎え入れてくれた。
こういうのも味のうちだよなぁ。。


P師匠は桐生といえばのソースカツ丼。

a0252243_10325564.jpg



ワタクシは卵カツ丼。

a0252243_10333880.jpg


そしてこの黄色いたくあんがたまらない。
a0252243_10373924.jpg
丼ものにはやっぱコレ(笑)


さすがに人気店だけあって本気で美味かった。
なんだかとても懐かしい味。
お店の方も優しくて愛想よく、また来たくなるお店でした。

食べ終わった頃には満席となり、待ちのお客さんもだいぶいたようなのですぐに退店し再び渡良瀬川へ。



団地裏まで走り川を覗いてみるも、何の雰囲気も気配も無い。。
呆然と川を眺めるP師匠w
a0252243_10441393.jpg




予定大幅変更、hookへ(笑)
a0252243_10501924.jpg


hookのオーナーに今季の渡良瀬の状況などをお聞きし、渡良瀬で感じていたモヤモヤの理由が少し理解出来た気がした。

「癒されてってよ(笑)」というオーナーのお言葉通り、P師匠も手持ちのフライのテストを兼ねていろいろ試しながらたくさん釣っていたようだ。

a0252243_13105319.jpg


夕方には風もやみ湖面はライズだらけ。

「あまりに状況が良くてもったいないから今日はcloseを30分サービスで延長するよ」とオーナーからの嬉しいお言葉が。。

a0252243_13134489.jpg

夕まずめ、堪能させていただきました。
オーナー、ありがとうございました。



今回はP師匠に渡良瀬の綺麗なヤマメを釣ってもらえなかったのは残念だったけれど、人に恵まれ、美味しいものにも出会え、なかなかに良い1日だったんじゃあないかな。


しかし、肘の故障でしばらく自転車から遠ざかっていたためにちょっと走っただけなのに夜足が攣りかけた^^;
また再びゼロからのスタートになってしまったが、秋の魚沼グルメライドに向けてがんばって鍛えよう。




[PR]

# by troutbum_toby | 2017-04-05 10:11 | 自転車 | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 07日

ライトヒラメソロ釣行 日立久慈釣友丸 20170306

今季ラストのヒラメ釣りに日立の海へ。

a0252243_07243912.jpg

初っ端からヤル気無さげな写真(笑)
9時ごろまでほとんどアタリも無く半分寝てた(笑)


昨年から肘痛に悩まされ、今年の1月から医者通いして毎週肘に関節内注射を受けていたのだが、先日注射の際にどうやら神経をやられてしまったようで、腕に力を入れると指先まで電気ショックのような痛みが出るようになってしまった。
ドクターに話しても「天候のせい。僕は神経には打ってませんから」と、取りつく島もない。
仕方なく他の病院を受診し、しばらくすれば治るから大丈夫と言われ、ホッと一安心。
こういう時、力になってくれるような機関て、無いんですねぇ。。
あってもせいぜい話を聞くだけ。
ドクターまで話しが回ったとしても「俺は知らねーよ」で終わりなんだろうし。
病院というのは本当にしっかり選ばないといけないなと、いろいろ勉強になりました。。


そんなこんなで正月以来釣りにも行けず自転車にもマトモに乗れない日々を過ごしていましたが、新しいドクターのおかげで気持ちも楽になり、久しぶりに釣りに行ってみました。
そんなワケなので、冒頭の写真のような状況でも今の私にとってはまさに天国なのです(笑)



さてさて、今回は大船長の第一釣友丸。
a0252243_07393103.jpg
雨の予報ではあったがどうにかこらえてくれそうな気配。



まだ薄暗い中、第一投目を投入。
a0252243_07460099.jpg
この「時」がたまらない(笑)

が、期待に反して竿先動かず(汗)

a0252243_07474307.jpg


空も明るくなり、ウトウトし始めた頃に何だかギーギー騒がしいと思ったらリールのクリックが鳴っている(笑)
慌てて上げると。。


a0252243_07491694.jpg

果報は寝て待て作戦、失敗。。w

その後も釣れども釣れどもサメサメサメ…
タナを変えても何をしてもサメ…

船長からも「ずいぶんサメに好かれたな」とお褒めの言葉をいただく始末(笑)

a0252243_07513539.jpg


そういえば平日ソロ釣行の多い私は、沖釣りを始めた頃いつも船長とこうして並んで釣りながら沖釣りのいろいろを教えていただいた。
何だか懐かしい風景。。




そんな事を想い出しながら魚探をみるとイワシらしき反応がしょっちゅう出るし、時々船の直下もイワシの大群でキラキラしている。
a0252243_07581724.jpg

が、釣れない(笑)
気の毒に思ったのか、船長が釣れた魚をポイポイ私にくれる(笑)
「真鯖は美味いから持って帰って食べな」と言われていただいたこの鯖、本当に美味かった。
a0252243_08005597.jpg


その後ようやくサメと違うアタリが出始め、俄然ヤル気も出てきたのだが、どうもヒラメとはアタリ方が違う。。。

a0252243_08020292.jpg

で、黒メバル(笑)

その後メバルフィーバー(大汗)


我ながらさすがの外道王っぷりだなと感心するも、ただそれはあくまでも本命も釣った上での話し。
本命を釣りつつ外道も釣らねば真の外道王ではないという自分の信念に基づき(笑)、ひたすら真剣にヒラメのアタリを待つが、ベタ凪無風。。
a0252243_08061749.jpg

で、時間切れ。。
船長からの沖上がりコールが実に悲しかった。。
泊まって明日もやっちゃおうかと真剣に考えるくらい悲しかった(笑)

しかしながら、船長から鯖やメバルやムシガレイなどたくさんいただいたのでじゅうぶんなおみやげも確保出来たし、久々に船の上でいろいろなしがらみを忘れて釣りに没頭出来たし、やはりたまにはこういう時間も必要だ(笑)
船長、ありがとうございました(笑)


帰宅して、メバルは刺身と姿揚げに、鯖は鯖味噌にしてみました。
メバルは2度揚げして骨までパリパリに。
鯖味噌も子供にあわせて甘めの味付けにしたのだが、コレもまた実に美味かった。


a0252243_08110531.jpg

ヒラメは今回でラストかなぁと思ったけど、リベンジに行きたいなぁ。。
が、今日立でスロージギングでいろんな魚がたくさん釣れてて実に楽しそうなので、早々にタックル揃えてスロジデビューかな??
F師匠の予定を押さえないと(笑)

[PR]

# by troutbum_toby | 2017-03-07 07:18 | 釣り | Trackback | Comments(4)