troutbum_toby

ginzanko.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 10日

焚き火倶楽部・毛バリキャンプinようらく

釣り仲間とフライフィッシング&焚火キャンプをやりに、群馬のようらくさんへ。。

a0252243_15482380.jpg



先行組の私とC氏との二人でとりあえず朝から現地入り。
管理棟のオーナー氏に釣り券購入がてら挨拶に行く。

私「おやじさん、焚火用の薪とか売ってるかい?」
オ「そこらじゅうに切った木が寝っころがってるから、好きなだけ燃やしていいよ」


ワイルドだ。。。


券を購入し、後追い組の三名が到着するまでC氏と二人で釣るも、自然渓流を使ったこの釣り場はなかなかに手ごわく私を翻弄する。。


昼ごろ後追い組も到着し、キャンプ道具の設置。

N氏のこのタープ、こんなマーク見たこともなかった。。
年季を感じる一品。
a0252243_164374.jpg



設営後みんなで渓へおりるも、午前あれだけ渋かったことを考えると釣れなくて夜盛り下がったりしなければ良いなあなどとつまらない考えが頭をよぎる。。
人数分釣れなかったら。。などと言ってる私に長年ようらくに通っているというT氏が「大丈夫だよ、俺がいくらでも釣るから」と。。

「しかし、あれだけ渋かったんですよ??」

「まあ見ててよ」

そして、あれだけ渋かった渓でほぼワンキャストワンヒット。。
あっという間に10尾以上。。。

はい????どういうことですか?????

何がなんだか、どこがどうなっているのかワケが分からなくなった私は、気がつくとT氏の左に腰をおろして教えを乞うていた。。。


釣りの世界でもいろいろと語りがたる方は多いけれど、実際は言ったことの半分もこなせりゃたいしたもの。
しかし、言ったこと以上の結果を目の前で出してくれた方は本当に少ない。
山本素石氏の「長良の萬サ」を想い出してしまうようなこの状況、本当に圧巻の一言だった。。


その後、一時猛烈に降っていた雨もあがり、夕飯の時間まで皆で思い思いの釣り。。

a0252243_16362162.jpg


a0252243_16405339.jpg


a0252243_16423155.jpg




そして夕食は定番BBQ。
a0252243_1648974.jpg


K氏撮影
a0252243_17563469.jpg

K氏の買ってきてくれた肉が本当に美味い。

食ってる最中はあまり気にならなかったのだが、食べ終わってみるとさすがにこの時期の山の夜は寒い。

ここで焚火を思いつくも、オーナーが「燃やしてくれ」と言ってくれたそこらの木々も昼間の雨でずぶ濡れ。。
しかし、K氏の決してあきらめない心のおかげでこの濡れた木々に命の焔が。。
a0252243_1751278.jpg


「雨中で焚火の出来ないものは単独で山へ入ってはいけない」と素石氏の山釣りの師匠は言ったそうだが、この焚火のおかげでその後ひとしきり会話が弾み、差し入れでいただいたお酒も手伝ってか、さらに普段は聞けないディープな話も聞けて本当に素敵な一夜を過ごすことが出来た。

a0252243_18494839.jpg



しかし、焚火の炎というのは何故にこんなにも心を癒すのだろうか。。
この炎とけむりには、何故か心に染み入るような懐かしさがある。。
撮影K氏。
a0252243_1802818.jpg



「フル設備なオートキャンプ場の電源付きサイト」しか知らないキャンプ初心者の私としては、「キャンプ場は何もないところがいい」というベテランキャンパーさんの気持ちが初めて少しだけわかった気がした。。。
a0252243_17104373.jpg

a0252243_17121343.jpg





翌朝、やはり珈琲からスタート。
a0252243_1716275.jpg



まったりとした時間の中で食べる朝食は本当に美味しい。
撮影K氏
a0252243_17575918.jpg



その後再び渓へ。
a0252243_17332325.jpg


a0252243_173130100.jpg


a0252243_1736276.jpg


a0252243_17371948.jpg


a0252243_1741297.jpg


a0252243_17445711.jpg



そして、ランチはT氏特製パスタ&サラダ。
撮影K氏。
a0252243_17584345.jpg

撮影K氏。
a0252243_1759944.jpg

これがメチャメチャ美味かった。。。


食後のデザートには、T氏のキングフィッシャーのお祝いとT氏&K氏のバースデー祝いを兼ねた「写真ケーキ」。
a0252243_1846362.jpg


そしてお約束のケーキ入刀。
a0252243_1814057.jpg

やっぱこれが無いとね!


その後イベントのシメにT氏のタイイングレッスン。
a0252243_18165723.jpg


a0252243_18183933.jpg


T氏のご指導の下、自称フライ初心者(私から見れば中級以上)のC氏も綺麗なフライを巻いておられました。
a0252243_18212575.jpg



本当に濃い貴重な二日間、いろいろなことを教えていただいた今回の毛バリキャンプ。
男だけの豪快なキャンプというのもまたとても良いものですね。

さて、次回はどこだろ??(笑)
[PR]

by troutbum_toby | 2012-10-10 18:56 | 釣り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ginzanko.exblog.jp/tb/16557237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ginzanko at 2012-10-11 09:44
自分も夏に男だけの釣り&キャンプin銀山してきましたが男だけというのもいいですよね。

男は子供の頃の遊びに見せた真剣さが大人になっても男の真価となって現れてくる気がします。

フライロッドもかれこれ一年以上物置に眠ったままなのでそろそろ振りに行きたいと思っています。
Commented by pika at 2012-10-12 12:11 x
焚火、いいですねぇ…
やはりキャンプには焚火がないといけませんよね。
炎もいいし、音も匂いも…

自分は矢木沢に行っていないのでしばらく遠ざかっています。
特大の流木を燃やしていたのが懐かしいです。
Commented by troutbum_toby at 2012-10-12 19:54
ginzankoさん、
あれはそうだったのですか~!!
私もぜひ銀山でもそんなキャンプしてみたいところです!
子供の頃の遊び、確かにその辺が現れますよね。
創意工夫、想像力、たくましさ、遊びの中で培う部分は本当に大きいのかもしれないですね。。

これからはカンツリシーズン、フライタックルも大活躍するのではないでしょうか??
私も来春までカンツリ記事メインになりそうな予感が。。(笑)
Commented by troutbum_toby at 2012-10-12 20:00
pikaさん、
私の中での理想のキャンプといえばずばりpikaさんの矢木沢キャンプでした。
しかし、今は泊りは出来ない状況になってしまったんですよね??
セシウムの問題等もありますし、残念で仕方ありません。。

焚火の音、匂い、本当に良いですよね。
今回ほど鉄鍋持って来ればよかったと後悔したキャンプはありませんでした。。
最高のチャンスだったのに。。

なかなか自由なキャンプをさせてくれる場所も少ないとは思いますが、ぜひ来年は「鉄鍋キャンプ」復活、期待しております!!


<< 丸沼 20121021      9・28 銀山湖(奥只見湖)最終戦 >>