troutbum_toby

ginzanko.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 17日

銀山湖(奥只見湖)トロ&夏ワカサギ

やはり、銀山のワカサギは美味かった。
a0252243_1403020.jpg



数日前にまとまった雨が降り濁りが入ったとのことだったが、宿の若の「活性は高し」の情報を信じ、行ってみました。
朝4時の外気温15.5度。
水温は銀山平18.2度、中ノ又出合い19.2度、神社下19.8度、天候晴れ。


桟橋へ降りる前、車を降りた時から感じていたのだが、とにかく物凄い数のライズ音が響き渡っている。
ライズ音というよりは、公園の池の鯉が水面のパンくずなどを食べる時の「バホッ」という感じのあの音。。
見ると、桟橋脇に溜まった木屑の中でその音がしきりに発生している。
それが何だったのかはワカサギ釣りの時に理解できたのだが。。。


鯉だかヘラだかの匂いが充満する桟橋を出て、地雷の辺りから曳き始めるも中ノ又出合いまでは何も無く、ここで写真を撮ろうとカメラを構えるもメモリーカードが入っていないことに気づく。。。
a0252243_14395232.jpg

そんなこんなで今回は銀山での写真はすべて携帯カメラ。。


気を取り直して曳いていると、送電線を過ぎた辺りからウグイ連発。。
これはたまらんとばかりに仕入れへ逃げようと曳いていると神社沖で今度はニジが連発。。
そのまま仕入れへ向かい、出合いを過ぎた辺りのど真ん中でようやく40ちょいのサクラがヒット、しかも見るともう一本のロッドもヒットしており、久々のサクラダブルヒット。
取り込み後、他船がいないのでUターンすると再度サクラ、しかしここで他船がそのポイントへ入ってきたため、そのまま白板へ移動。
a0252243_1434023.jpg



白板ではサクラ、ニジ、サクラ。
確かに活性は高いが、大物はどこへ行った。。
これだけ高活性な銀山も珍しいが、この状況で大物を捉えられない自分の腕の無さが実に不甲斐ない。


10時頃からアタリが遠のいたため、夏の銀山湖の風を感じながら湖上ランチに。
a0252243_14361697.jpg

a0252243_14373879.jpg

a0252243_14375089.jpg



ランチ後にワカサギもやろうと思っていたのだが、なんとワカサギ仕掛けも忘れる始末。。
若に聞くと宿で売っているというので、ここで一旦上陸し、仕掛けを購入。

宿周辺ももうすっかり夏模様。
a0252243_1446772.jpg

a0252243_14462658.jpg

a0252243_14465074.jpg



ここで白銀の湯に寄っていきたかったのだが、ワカサギのことを考えると時間が無い。
しかもこれだけ高活性な日なので、夕方以降はじっくり本業で粘りたい。
結局白銀の湯には入らず、再度湖上へ。

いつもの神社近くのワカサギポイントをいくつか巡るも反応が薄い。
そのまま自分の中では絶対の自信があるポイントへ移動すると、やはり。。。
a0252243_14521270.jpg


私は「サシ」がどうにも好きになれないので、空バリでガンガン釣れるこの時期は本当にありがたい。

1時間ちょいでジップロックにいっぱい。
おつまみ分は十分確保。
a0252243_14533665.jpg

この時期のワカサギは脂ギトギトで本当に美味しい。


ワカサギを釣りながら水面を見ていると、木屑の周辺に凄い数のエビが。。
a0252243_1456114.jpg

a0252243_14561489.jpg


今朝桟橋で聞いたあの音は、このエビを食っていた音だったのか。。。


ワカサギも十分確保できたところで本業再開。
白板を往復すると小ニジ連発。。。

そこで、夕マヅメの勝負を北ノ又筋に賭けることに。。

そして、見事に外してしまったようで、北ノ又では一発のアタリすらなく本日は終了。
ポイント選択の重要さを痛感。。


帰りに湯沢のノグチさん辺りで夏野菜と八色スイカでも買って帰ろうかと思っていたのだが、すっかり忘れて気が付けば関越トンネル。。

何だろうか、今日のこの気の抜け具合。。。(笑)


さてさて、本日早速ワカサギをいただいてみました。
唐揚げプラス、今回はクレイジーソルトとパルメザンチーズをまぶして揚げた洋風ワカサギフライなるものを作ってみたのだが、これが実に美味かった。
私には料理のセンスも無いようで盛り付け含めてどうにも美味しそうに作ることが出来ないのだが、味は良かった。
a0252243_15114711.jpg

我慢出来ずに、昼間っからついビールに手が。。。(笑)
[PR]

by troutbum_toby | 2013-07-17 15:25 | 銀山 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://ginzanko.exblog.jp/tb/18114817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yamashita at 2013-07-17 16:16 x
≧鱒が育つ湖は,実は海老次第なんだよ。本栖も中禅寺も,潜ってみたら判るから。

…近くに棲む角や貝の達人さんから,そんな風に教わった事がありました。随分と前のオハナシですが。

尾根に厳冬の名残を今もなお留める憧憬の中で,こんなに綺麗なサクラマスや最高にご馳走なワカサギを釣っていらっしゃるのは,

海でのご活躍以上に,羨望です。。。

Commented by troutbum_toby at 2013-07-19 13:28
yamashitaさん、

私もずいぶんお世話になった「ご近所の達人」さん、思えば、銀山湖トローリングで初めて50cmの壁を超えた時、結んでいたのは彼に作っていただいたツノでした。

その後もそのルアーで良型を沢山釣らせていただきましたが、ある日根掛かりでロストしてしまい、潜って回収しようかと本気で悩んだ事を思い出しました。。
技術的なアドバイスも本当にずいぶん沢山いただきましたねぇ。。
そういえば、潜ることに関しても彼はプロなのですよね。。
某湖へ潜った時のお話などいろいろ聞かせていただきましたが、エビのお話、そうでしたかぁ。。

考えてみれば私と達人さんとの出会いのきっかけをくださったのはyamashitaさんでしたし、私の知らないいろいろなお話、今後もぜひ沢山教えてくださいね!
Commented by ginzanko at 2013-07-19 23:18
さすが熟練の技、調子を上げて来てらっしゃいますね。
荘のHPでもブログ紹介されていましたね。

これでもうひとつ上のサイズの岩魚やサクラが出れば文句なし
というところでしょうか。自分はサイズは今年は諦めかけて
おります。 まだ駆け出しなので無理もないですが・・
ボウズ逃れで満足する体たらくになってしまいまして。

間もなくアブの時期ですね。駆け込みでもう一丁期待しています!
Commented by troutbum_toby at 2013-07-21 07:55
ginzankoさん、

私などは本当にまだまだ全然なレベルですが、宿の仙人や、HPにも大物抱えて何度も登場しておられるH氏達の釣りを湖上で眺めていると、まさに「熟練の技」、そんな印象を受けます。
魚探も使わず、しかしコンスタントに大物を釣り上げる。。
積み重ねた経験からくる的確な読みと、確実に食わせる技術。。
それから比べると自分の知識や技術の引き出しのなんと薄っぺらいことか。。

この先私がどんなに研鑽を積んだとしてもとても追いつきそうに無い距離を感じさせられるばかりですが、少しでも近づいていきたいと思っております。。

そうそう、先日ブログのアクセス数がいきなり跳ね上がったので、いったい何だ?とびっくりしました。
リンク元を見るとkozanso.jp。。(笑)

しかし、アクセス数はすごかったもののFBライクは少ない。。

しかし、以前書いた神流川の記事、私的にはUPするかどうするか悩んだ位の正直どうでもよかった感じの記事が何故かFBライク100オーバー。。

この辺のツボがまるでわかりません。。

が、よくよく考えてみれば、ここは「エキサイトブログ」なんですよね。。(笑)
Commented at 2013-07-22 15:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 銀山湖(奥只見湖)うおぬま雪ま...      銀山湖(奥只見湖)2013・0... >>