troutbum_toby

ginzanko.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 19日

銀山湖(奥只見湖) 釣り大会エントリー

お世話になっている宿と釣具屋さんの合同釣り大会にエントリーしてきました。

a0252243_11542226.jpg



とは言っても、結果から言えばエントリーサイズは釣れず。。
抽選会で良い賞品ゲットに望みをかけるのみとなってしまったが、凄腕さん達が集う打ち上げでのBBQにご一緒できるだけでも私的にはかなり貴重なイベントだったりします。。


さてさて、今回は出遅れて朝5時過ぎに霧の中を出船。
a0252243_12155139.jpg


a0252243_12401836.jpg


時期的に自分の中では今は白板のシーズンなので、神社を通り越して南沢周辺からスタート。


南沢へ一旦入り込み、出てすぐに「ギイイイ」。
今日は幸先良いなと巻き始めるも、手前に一気に走られあっさりフックアウト。。

気を取り直してそのまま白板を流し、再度南沢へ戻ると同じパターンで今度はラインアラームがかなり激しく鳴り響く。
ホルダーからロッドを外すのにも結構な力が必要なほどの重さだったが、こいつも猛スピードで手前に走る。
大慌てでラインを二色ほど巻いたところで一旦テンションが戻り魚の重さを確認するも、再び手前にダッシュされ再度大慌てでリールを巻くも、今度は巻いても巻いてもあのダラリとテンションの抜けたイヤ~な感覚が続くのみ。。

その後も手前に走られるバラしが2回あった後にチビサクラとハヤが一尾ずつ釣れたのだが、サクラは口の外にスレ、ハヤは鼻の穴を貫通するようにスレ、これってもしや。。。


それにしてもこの岩、今日初めて気づいたのだが、何か、馬?羊?牛?そんなのに見えて仕方がない。。
a0252243_1442833.jpg




その後アタリも止まったところで一旦上陸し、かもしかの湯へ。
a0252243_1452413.jpg


a0252243_1461232.jpg


a0252243_14261891.jpg



今回は平日だけに貸切風呂を堪能。
管理人さんと台風の話をするうちにやはり昨年の雪まつりの話になる。
今年は無事開催出来ることを願い、雪まつり当日の再開を約束。


ちょいと昼寝してから再び出船しようかと思っていたのだが、宿の若に「寝てる場合じゃないよ」とケツを叩かれ再度出船(笑)

a0252243_1410550.jpg


a0252243_14102878.jpg



桟橋沖から中ノ又出合いまで曳いてみるも何もなし。

一気に南沢へ移動するとハヤ。
その後やはり南沢入り口で激しくラインアラームが鳴るも、これまた手前に一気に走られフックアウト。。

思わず「なんだよそれ。。」とロッドを持ったままへたり込んでしまった。。


その後風が出てからはアタリが止まってしまい、ボーっとしていたところ、突然もの凄い轟音が。。

久々に見た戦闘機?練習機??
a0252243_1415385.jpg

すぐ上をぶっ飛んでいくので本当に凄い迫力。


しかし、その後も曳けども曳けどもアタリ無し。。

やはり大会参加で出船していたマイボートの方からも「帰ります」とメールが来て、遊覧船の最終便も桟橋へ帰っていく。。
a0252243_1531128.jpg



ふと気づけば、この広い本流筋に釣り人は私一人。。
a0252243_14204762.jpg



宿の子供さんの快気祝いに大物釣って大会を盛り上げようなぞと挑んではみたものの、やはりまだまだ自分はそんなカッコイイことが出来るようなレベルではないという事を思い知らされ、独り夕暮れの銀山でうなだれる私。。

最後の一勝負に中ノ又出合いを流すも、何事も起らず本日は終了。。
エントリーサイズすら釣れず。。

しかし、このまま帰るのはあまりにも寂しいので、こんな時はやはり「白銀の湯」。
a0252243_14433632.jpg


「このために生きてんなあ。。」と思えるほどの気持ちよさ。。


やはり「釣り」だからもちろん釣りたくて行くのだけれども、単純な私はこの温泉の気持ちよさにリセットされて釣れなくても気持ちよく帰ることが出来てしまう。。(笑)

この「釣欲」の薄さががいけないのかもしれないし他にももっと釣れる場所はいくらでもあるのだろうけれど、あくまでも「銀山」で釣らなければ気が済まない私の場合、この位の「釣欲」でちょうど良いのかもしれない。

by troutbum_toby | 2012-06-19 15:43 | 銀山


<< 銀山湖(奥只見湖) 釣り大会打ち上げ      銀山湖(奥只見湖)2012・5... >>