troutbum_toby

ginzanko.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 19日

銀山湖(奥只見湖) 釣り大会エントリー

お世話になっている宿と釣具屋さんの合同釣り大会にエントリーしてきました。

a0252243_11542226.jpg



とは言っても、結果から言えばエントリーサイズは釣れず。。
抽選会で良い賞品ゲットに望みをかけるのみとなってしまったが、凄腕さん達が集う打ち上げでのBBQにご一緒できるだけでも私的にはかなり貴重なイベントだったりします。。


さてさて、今回は出遅れて朝5時過ぎに霧の中を出船。
a0252243_12155139.jpg


a0252243_12401836.jpg


時期的に自分の中では今は白板のシーズンなので、神社を通り越して南沢周辺からスタート。


南沢へ一旦入り込み、出てすぐに「ギイイイ」。
今日は幸先良いなと巻き始めるも、手前に一気に走られあっさりフックアウト。。

気を取り直してそのまま白板を流し、再度南沢へ戻ると同じパターンで今度はラインアラームがかなり激しく鳴り響く。
ホルダーからロッドを外すのにも結構な力が必要なほどの重さだったが、こいつも猛スピードで手前に走る。
大慌てでラインを二色ほど巻いたところで一旦テンションが戻り魚の重さを確認するも、再び手前にダッシュされ再度大慌てでリールを巻くも、今度は巻いても巻いてもあのダラリとテンションの抜けたイヤ~な感覚が続くのみ。。

その後も手前に走られるバラしが2回あった後にチビサクラとハヤが一尾ずつ釣れたのだが、サクラは口の外にスレ、ハヤは鼻の穴を貫通するようにスレ、これってもしや。。。


それにしてもこの岩、今日初めて気づいたのだが、何か、馬?羊?牛?そんなのに見えて仕方がない。。
a0252243_1442833.jpg




その後アタリも止まったところで一旦上陸し、かもしかの湯へ。
a0252243_1452413.jpg


a0252243_1461232.jpg


a0252243_14261891.jpg



今回は平日だけに貸切風呂を堪能。
管理人さんと台風の話をするうちにやはり昨年の雪まつりの話になる。
今年は無事開催出来ることを願い、雪まつり当日の再開を約束。


ちょいと昼寝してから再び出船しようかと思っていたのだが、宿の若に「寝てる場合じゃないよ」とケツを叩かれ再度出船(笑)

a0252243_1410550.jpg


a0252243_14102878.jpg



桟橋沖から中ノ又出合いまで曳いてみるも何もなし。

一気に南沢へ移動するとハヤ。
その後やはり南沢入り口で激しくラインアラームが鳴るも、これまた手前に一気に走られフックアウト。。

思わず「なんだよそれ。。」とロッドを持ったままへたり込んでしまった。。


その後風が出てからはアタリが止まってしまい、ボーっとしていたところ、突然もの凄い轟音が。。

久々に見た戦闘機?練習機??
a0252243_1415385.jpg

すぐ上をぶっ飛んでいくので本当に凄い迫力。


しかし、その後も曳けども曳けどもアタリ無し。。

やはり大会参加で出船していたマイボートの方からも「帰ります」とメールが来て、遊覧船の最終便も桟橋へ帰っていく。。
a0252243_1531128.jpg



ふと気づけば、この広い本流筋に釣り人は私一人。。
a0252243_14204762.jpg



宿の子供さんの快気祝いに大物釣って大会を盛り上げようなぞと挑んではみたものの、やはりまだまだ自分はそんなカッコイイことが出来るようなレベルではないという事を思い知らされ、独り夕暮れの銀山でうなだれる私。。

最後の一勝負に中ノ又出合いを流すも、何事も起らず本日は終了。。
エントリーサイズすら釣れず。。

しかし、このまま帰るのはあまりにも寂しいので、こんな時はやはり「白銀の湯」。
a0252243_14433632.jpg


「このために生きてんなあ。。」と思えるほどの気持ちよさ。。


やはり「釣り」だからもちろん釣りたくて行くのだけれども、単純な私はこの温泉の気持ちよさにリセットされて釣れなくても気持ちよく帰ることが出来てしまう。。(笑)

この「釣欲」の薄さががいけないのかもしれないし他にももっと釣れる場所はいくらでもあるのだろうけれど、あくまでも「銀山」で釣らなければ気が済まない私の場合、この位の「釣欲」でちょうど良いのかもしれない。
[PR]

by troutbum_toby | 2012-06-19 15:43 | 銀山 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://ginzanko.exblog.jp/tb/15596708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yamashiita at 2012-06-19 16:42 x
…私は全くご縁が無かったから,

奥只見にも遊覧船が在ったって知らなかったのです(汗)。

やっぱり,

釣人ぢゃなくても,魅せられてならないのですね。銀山湖って。

そこで,

ご自身の居場所を造られ,釣をお楽しみになられるって,

素敵でいらっしゃいます。。。
Commented by troutbum_toby at 2012-06-19 17:34
Yamashiitaさん、

遊覧船、実は奥只見には3隻の遊覧船があったりします。。
奥只見は尾瀬への玄関口にもなっていまして、この船に乗って皆さん尾瀬を目指しておられるのですが、我が家もそれを狙っていたりしております。

秋には尾瀬を目指す方々のほかに奥只見の紅葉狩りを遊覧船からされる方々も多く、禁漁になってからの方が賑わっている奥只見の姿に違和感を覚える釣り人はきっと私だけではないハズ。。(笑)

写真の一番大きい白い外輪船、私の大好きなファンタジア号では、夏に「子供船長体験」とかもやっているのですが、そういうのを見るたびにyamashitaさんちのお子さんを想い出しているワタクシだったりします。。

Commented by やまやん at 2012-06-19 17:55 x
おつかれさまです!
平日の銀山を堪能されたようですね。魚のフックアウト残念です・・・

写真がすごくきれいですね。
なにか調整しましたか?
Commented by troutbum_toby at 2012-06-19 18:29
やまやんさん、

やはり平日の銀山は最高ですね!
温泉貸切も平日ならでは。。(笑)
今回は遅くまでやっていたため百菜館に寄れなかったのが心残りでしたが、夕暮れの白銀の湯独り占めは本当に贅沢なひと時でした。
フックアウト、以前このパターンで夕方に取り戻したことがあったのですが、そうそううまくはいかないですね。。

写真ですが、今回はカメラ側で露出補正を段階的にかけて撮りまくって
みました。
WBも少しいじったのですが、やりすぎるとわざとらしいし、落としどころがよくわかりません。。
やまやんさんの写真の「青」はとても自然で大好きな感じの色なのですが、なかなか出ないんですよねぇ。。
「緑」もどうしたら銀山らしい色が出せるのか、悩んでおります。。。
Commented by やまやん at 2012-06-19 20:49 x
いやいや、緑も青もみんな自然な色になっていると思いますよ!
私はphotoshopでいじりすぎて、なんか不自然にしてしまっています。
今度はBig one の写真期待しています!!
Commented by troutbum_toby at 2012-06-20 08:41
やまやんさん、

ありがとうございます!
肝心な時には必ずと言っていいほど釣れない私ですので
(笑)、そのうち忘れた頃にガツンと行くと思います!

Photoshop、そういえばPCが壊れたりいろいろあってまだ買ってませんでした。
今、以前使っていたPCを引っ張り出してだましだまし使っているのですが、こいつがまぁ亀さんのような動きで。。
新しいPC買う時に一緒に導入したいと思っています!

それにしても今日は台風一過で朝から蒸し暑いですが、こんな日は写真も綺麗に撮れそうですが、釣りの方でも大物が動きそうな予感が。。。

Commented by ginzanko at 2012-06-21 22:47
カモシカの湯は昼に昼寝させてもらうのに利用させてもらっています。
それにしても綺麗な写真ですね。自分も来週にはこの景色をじかに
見てきます。アブが出るまで一か月。追い込みです。この前まで
雪で覆われていた銀山もあと一か月でアブの季節、早いものです。

ちなみに国際線欧州行は銀山上空を通過することが多いみたいですね。あの秘境の上を国際線が飛んでるかと思うと感慨深いですが
戦闘機はなんでしょうかね。銀山上空を北に向かって戦闘機が
飛び交う日が来ないことを祈ります。
Commented by troutbum_toby at 2012-06-23 07:17
ginzankoさん、

国際線欧州行、そうなのですか。
「北欧のような…」と称される奥只見上空を欧州便が飛んでいく。。
そう思うと、銀山のあの美しい空にもまた別の浪漫を感じそうです。
ただ、個人的にはどちらかというとスイスの風景に強く惹かれるものがあり、一度は行ってみたいと憧れております。

虻…間もなくそんな時期ですよねぇ。。
私の場合はあまり虻を苦にする方では無いので、虫除けグッズを駆使して岸でワカサギ釣りしたりもしてしまうのですが(笑)、やはり仲間うちでも虻の時期だけは絶対行かないと言う方も多いです。

そうなる前にぜひ来週ガツンと一発、期待しております!



<< 銀山湖(奥只見湖) 釣り大会打ち上げ      銀山湖(奥只見湖)2012・5... >>