troutbum_toby

ginzanko.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 01日

銀山湖(奥只見湖)2014最終戦

今期銀山湖もついに最終戦。。。
a0252243_05143947.jpg


朝5時、車の外気温計は8度。
防寒着を着るか悩んだが、その一歩手前の服装で出船。
いつも通りの霧の中を進み、中ノ又出合い手前から曳き始める。
a0252243_17374581.jpg
開始早々、ハヤ連発。。。
船を沖に出してタナを深くするとニジが連発。。。

相変わらず狙った魚は釣れないが、天気だけは最高。
a0252243_17375885.jpg
a0252243_17380960.jpg
a0252243_17382725.jpg


10時過ぎ、湖山荘仲間のFさんが宿へ蕎麦を食べに行くというので私も一旦上陸。
a0252243_17384317.jpg
a0252243_17510777.jpg
a0252243_17514629.jpg
a0252243_17520571.jpg
a0252243_17521998.jpg




宿でFさんと合流し、湖山荘蕎麦定食ランチ。
a0252243_17531571.jpg

Fさん、前日の日本海釣行で鰆を爆釣したらしく、おすそ分けをいただく。。。
a0252243_17532866.jpg
ワンキャストワンヒット的な釣行だったとか。。。
私もそんな釣りがしてみたい。。。

宿の水槽の前でお店を広げていると、蕎麦を食べ終わったお客さんたちが「売ってくれるの?いくら??」なんて半分真顔で聞いてくるほどでちと困ってしまった(笑)

Fさん、ありがとうございました。
冬はジギングのご指導よろしくお願いいたします!



午前上がりで帰るFさんとここで別れ、午後の部開始。
a0252243_17534497.jpg
やはり、どこを曳いても何を曳いてもハヤとニジばかり。。
a0252243_17535893.jpg
思えば、今年の解禁時は開始5分でニジのロクマルを釣りw、最後も結局ニジ。
ニジで始まりニジで終わったシーズンだったが、56岩魚も釣れたし、自分的には良いシーズンだった。
a0252243_17543644.jpg

2014トローリング、無事終了。。。




夕暮れの宿へ帰り、ひとっ風呂。
a0252243_17551321.jpg
a0252243_17552800.jpg
一人で過ごすのは寂しいけれども、今回は宿の若が夕食の席仙人と同じテーブルにしてくれて、ちょっと涙が出そうなほど嬉しかった(笑)
a0252243_17554551.jpg
仙人に聞きたいことは山ほどあるのでどれから質問していこうか。。。

と考える間もなく、仙人の横には入れ代わり立ち代わり誰かしら挨拶にやってくる。
なかなか私の順番が回ってこないが(笑)、しかし、そんな皆さんの話をお聞きするのも実に楽しい。。

食べ終わった頃、ようやく私にも順番が来て、いくつか質問をしてみた。
特に私がお聞きしたかったのは、以前私が「先代湖山荘」から教えていただいた「風を読めるようになると釣れるようになる」という言葉の意味。。
その言葉をお聞きして以来、それは私の銀山の釣りでのテーマだった。

一日釣りしてお疲れのハズなのに、仙人はその辺分かりやすく丁寧にいろいろと教えてくださった。
一語一句を聞き逃さぬよう、真剣に聞いた。
今後の私にとって、それらの言葉は宝になるはずである。


釣りが上手い人の話を聞いていると、なんだか自分にも出来そうな気がしてきて俄かに釣りが上手くなったかのような錯覚に陥るが、「名人の言は迷人にはこなせず」という素石氏の言葉を思い出し、翌日のトロはやめることにした(笑)
錯覚に陥ったまま、来年の春まで幸せな気分で禁漁期を過ごそう。。(笑)



翌朝。。。

雲海の写真を撮りに枝折峠へ。
暗いうちに着いてしまったが、撮影者は私一人だけ。。
クマが出ると怖いので、車のラジオをボリューム全開にして夜明けを待つ。。(笑)

そして。。
a0252243_17555721.jpg
雲海が始まった、と思ったらすぐに大量の雲が押し寄せてきて、あっという間に自分も雲の中。。
a0252243_18214602.jpg
a0252243_18220316.jpg
a0252243_18221626.jpg
紅葉が始まった頃に再チャレンジしよう。。


その後山を下りて北ノ又でちょいとフライでも。。と思ったが、平日だというのにどこも人だらけ。。

a0252243_17502200.jpg
a0252243_17503589.jpg
どうにか空いてるスペースを探しちょいと竿を出すが、釣れず。。。(笑)

お腹もすいてきたので、中荒沢で荒沢岳を眺めながら宿で作ってもらったお弁当をいただく。
a0252243_18223721.jpg
a0252243_18224823.jpg
美味かった。。。
これ以上のシアワセなんてあるのだろうか。。。

「釣れなくてもいい」が本音で言える世界がここにはあるのだ。。
私の第二の故郷、たぶん私は死ぬまでここに通い続けるだろう。
a0252243_18232082.jpg

お腹いっぱいになりちょっとウトウトとしてしまったが、仙人が船上げをするというので慌ててお手伝いに。。
a0252243_18233888.jpg
お腹いっぱいになったハズなのにコシヒカリアイスなんぞを食べながら待っていると仙人が帰ってきた。。
a0252243_18235252.jpg
a0252243_18240723.jpg
そして船上げのお手伝い。
マイボートとエンジンを手でさすりながら、「今年も良く頑張ってくれたね」とつぶやく仙人の姿が実に印象的だった。。

a0252243_18374877.jpg
a0252243_18382081.jpg

宿へ戻ると、「遊歩道へ撮影に行こう」と仙人が誘ってくださった。
a0252243_18385359.jpg
私は花や植物の事はまったくわからないが、いろいろな話を聞きながら一緒に写真を撮り歩いた。

ちょっと綺麗なものを見つけると、ガンガン藪漕ぎしながら奥へと入って行く仙人。。
このチャレンジ精神が釣果の源なのだろうなあ。。
a0252243_18391171.jpg
a0252243_18392534.jpg
a0252243_18393963.jpg
a0252243_18395447.jpg




2014最終戦、例年通り魚は釣れない最終戦になってしまったが、いやあ、ほんとそれ以上に大きな収穫があった二日間だった。
しんちゃん、登山客いっぱいで忙しい中、いろいろお膳立てホントにありがとう。
冬は海やカンツリでよろしくね(笑)


そうそう、お土産で買った宿のコシヒカリの新米、激ウマでした。。。
北海道と京都へ一部旅立ちます。
お心当たりの方、待っててね(笑)
a0252243_18402029.jpg

[PR]

by troutbum_toby | 2014-10-01 19:01 | 銀山 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ginzanko.exblog.jp/tb/20247677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yamashita at 2014-10-01 20:28 x
…“ここより上流禁漁”,

何て素敵なラムネ色の川なのでしょう。

例え脂鰭が泳いでいても,Aproachに嘆息しちゃいそぉ。

ジギングをされるのですか。

海水浴をお楽しみの日本海に,新しい世界を拓かれるのですね。

それは,

とっても自然体で,羨ましいです。

1-Season,お疲れさまでした。

来季も,鱒鱒ご活躍の程を。。。
Commented by troutbum_toby at 2014-10-01 20:42
yamashitaさん、ありがとうございます^ ^

開高さんや忠さん、地元の先人たちが築き上げてくださった永年禁漁区。
ここから先は人間は河原の石ひとつ動かす事が出来ない魚たちの楽園ですが、いつまでもこの美しい環境を守り続けて欲しいと心から願います。

ジギング、恐ろしく安いものですが(笑)ようやくタックルを購入しました。
冬の間、「奴隷船」でドMな釣りを継続する予定です(笑)
今月どこかで早速ジギングデビューしてきます^ ^
Commented by ginzanko at 2014-10-02 00:11
なんかコメントをするのも憚るようなすばらしい釣行記に写真です。
特に上から二番目の写真(中の又ですかね?)と雲海の写真なんかは
雑誌の飾れるクオリティーですね。いつか私も撮りたいですが
如何せんコンデジでは・・

湖山蕎麦に湖山弁当と今年もお世話になりましたが如何せん
今年は激動の年で5月に行ったきりになってしまいました。
TROUTBUMさんの56cmに続きたかったですが2015にお預けです。

今年一年お疲れ様でした。そして2015はTROUTBUMさんに
60&70オーバーが釣れますように。
私に50オーバーが釣れますように。

また7ヵ月後に断崖絶壁でお会いしましょう。
Commented by 鬼あら at 2014-10-02 12:11 x
2014年ラストロお疲れ様でした。

釣果はともかく、充実したラスト釣行だったようですね、来期の為のお話やら釣りもいいけど宿でのふれあいもいいもんですね。

枝折峠の景色はちょっと残念でしたがまたの挑戦て事で、次は紅葉と一緒にでしょうか、良い写真をお待ちしております。

また来期銀山ご一緒しましょう。
Commented by troutbum_toby at 2014-10-02 14:50
5. troutbum_toby2014-10-02 14:48X
ginzankoさん、

過分なお言葉をいただき、ありがとうございます。
2枚目の写真、実は載せる気は無かったのです。。
見てくださる方の好みもいろいろだと思いますし、良い意味で凄く勉強になるコメントをいただきました。
淡水はほぼ銀山しか行かない私ですのでどうしてもワンパターンな写真になりがちなのですが、いただいたご意見を思い出しながら来年はまた視点を変えていろいろ撮影してみようと思います。

五月以降、そうだったですねぇ。。
私もいろいろあって全然行けない年もありましたし、また、金も時間もあるのに何故か行く気分になれない年もありましたし、長い人生いろいろありますよね。

そういえば。。
「奥只見物語」と「イワナ棲む山里」はお読みになりましたでしょうか?
(もし以前にも同じ話しをしてましたらすみません。。)
銀山、湖山荘がますます大好きになる素晴らしい本でした。
私の地元の図書館にあったので読んでみたのですが、結局Amazonで古本を購入しました。
もしまだでしたら、冬の間にいかがでしょうか。。
来年はお互い一緒にニコパチで湖山荘のHPにのれるよう、頑張りましょう^ ^
Commented by troutbum_toby at 2014-10-02 14:55
鬼あらさん、

魚を釣るだけが釣りでは無いですよね。。
宿などでのみなさんとのふれあい、そんな事も含めて「釣り旅」はやはり充実してくるのではないかと。。
今年は鬼あらさんともご一緒させていただけましたし、当て逃げさえ無ければ本当に良いシーズンでした。。

冬の間も、テンヤやワカサギ等でまたぜひご一緒させてください^ ^
楽しみにしております!!


<< 日立久慈第三大貫丸テンヤ真鯛      銀山湖(奥只見湖)晩夏のワカサギ釣り >>