troutbum_toby

ginzanko.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 27日

銀山湖(奥只見湖)うおぬま夏の雪まつり

毎年銀山平で開催されていた雪まつり。
今年は会場を大湯に移しての開催。
a0252243_17162803.jpg
シルバーラインの下でも雪はこんなに残るものなのですねぇ。。
a0252243_17185877.jpg
a0252243_17182579.jpg
今年もちびっこたちが雪の上ではしゃいでいましたが、ワタクシの一番の目的はこれ(笑)
a0252243_17201917.jpg
a0252243_17205602.jpg
銀山で釣りして帰るとなかなかおおももさんには寄れないので開高めしを食べる機会は雪まつりくらいしかないのだけれど、本当にこのために雪まつりに来てると言っても過言ではないほどの美味さ。
今年はこの後銀山まで移動しなければならずで私はビールが飲めず、残念。。
a0252243_18592367.jpg
a0252243_19015610.jpg
美味しいものがたくさんありました。



お腹いっぱいになったところでシルバーラインを上がり、船着場の売店の囲炉裏端で更にコシヒカリアイス(笑)
a0252243_19035069.jpg

そこへちょうどトローリングで出ていた湖山荘常連のMさんが桟橋に戻って来たので状況を伺うと、なんと今回も50up岩魚をゲットしたとのこと。。
しかも、30クラスのサクラならいったい何尾釣ったかわからないほど数も出たらしい。。
私とは腕の差があり過ぎるので一概に比較は出来ないが、明日のトローリングに期待が持てるお話しが聞けた。

再度出船するMさんとここで一旦別れ、宿へ。
今回は湖山荘の「荒沢岳」というログハウス。
a0252243_19121426.jpg
a0252243_19124492.jpg
a0252243_19133310.jpg



白銀の湯でひと風呂浴びてから、お楽しみの夕食。
山菜の天婦羅も本当に美味かったが、今回の岩魚の塩焼きは何だか知らないが格別に美味かった。
a0252243_19172564.jpg
a0252243_19200758.jpg
a0252243_19203011.jpg
a0252243_19205118.jpg

こんだけ美味しいものを腹いっぱい食べれたらもう魚なんて釣れなくてもいい(笑)

と思っても10分後には明日のトローリングの戦略を考え始めるのが釣り人(笑)
明日の為に今夜は早寝。

の前にちょっとだけ夜の銀山を撮影。
a0252243_19262553.jpg
a0252243_19264827.jpg



翌朝。
車の外気温計で17度。
5時過ぎに霧の中を出船するも、ハヤしか釣れず(笑)
a0252243_19305909.jpg
a0252243_19312559.jpg
鏡のような湖面に心折れ、8時過ぎに帰港。
a0252243_19323417.jpg
yamashitaさん、今年もありがとうございました^^


ログへ戻り少々仮眠後チェックアウト。
この朝寝がまた気持ち良い(笑)
a0252243_19352246.jpg

その後再び出船しようと桟橋へ戻るも、Mさんですら今日は手こずる状況らしく、釣れないトロ船に同船させられることほどつまらないものは無いので(笑)家族のことを考えて今日はここで下山。
a0252243_20325127.jpg


帰路、あぐりぱーく八色さんへ立ち寄り八色すいかを購入。
a0252243_19414241.jpg
a0252243_19415524.jpg
a0252243_19420850.jpg
a0252243_19422124.jpg
500円で八色すいか食べ放題開催中(笑)
八色すいかのこの甘さを体験してしまうと、地元スーパーのスイカを買うのが嫌になるほど甘くて美味い。


その後越後湯沢駅ビルでお土産を購入し、帰宅。


今年は日月での旅行だったので、土曜夜の銀山での花火大会&灯籠流しが見れずで残念ではあったが、2日間ともに天気にも恵まれ、良い旅になりました。


帰り際、湖山荘の女将から宿のお漬け物をお土産でいただきました。
この香りと味、これこそがまさに私的「湖山荘」。
a0252243_19532203.jpg
身体を壊して銀山旅行に同行出来なくなってしまった私の両親も、いただいたこの漬け物を食べて「湖山荘を思い出すなぁ」としみじみ語ってました。

若女将、本当にありがとう。

秋に大物釣って恩返しせにゃ!

[PR]

by troutbum_toby | 2015-07-27 17:23 | 銀山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ginzanko.exblog.jp/tb/21490109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ginzanko at 2015-07-27 23:21
こんばんは。
今年も皆勤雪まつりですね。見てるだけで涼しくなる光景です。
常連のMさんとはもしかして宮Bさんですか?だとしたら今度会ったらブログ更新を首をなが~くしてお待ちしていますとお伝えください。

私事で恐縮ですが今年は高速も乗れる少し大きめのスクーターを新調したので盆にスクーターで銀山へ、、なんて考えていたのですが無謀ですかね?
峠はヤバイと聞いているのですが。多分アブにも歓迎されそうです。

TROUTBUMさんも次は秋と言わずに是非盆にもチャレンジしてみてください。流れ的にスゴいのがTROUTBUMさんの針にかかりそうな予感がします。

とはいえご両親をくれぐれも最大限にお大事になさってください。
Commented by enokipipi at 2015-07-28 04:04
…お野菜,漬物,

ログハウス,

想い出をご家族と共有されるのは~自身の経験がご家族の想い出に繋がるのは,

何よりも幸せの様に感じられてなりません。

私も好きなプロレスラー(故人)の遺した言葉ですが,

“父から私,私から息子,この一連の流れを指して人生というのさ”

と,在りました。

盛夏そのものの青空の下に,真冬の名残の雪景色と,瑞々しく繁る青葉に,元気いっぱいの脂鰭な妖精たち。

いつくもの季節が同時進行に混在している,傍目には不思議な憧憬ですね。。。


By Yamashita

Commented by troutbum_toby at 2015-07-28 19:40
ginzankoさん、

そうです、まさに宮Bさんです。
FBメッセージで早速内容をお伝えしておきました(笑)

お盆時期だとまさにメジロ大発生の時期ですねえ。。
その時期の枝折峠は上がったことがないのでなんともアレですが、長袖グローブフルフェイスにハッカスプレーで武装すれば問題無さそうな。。
すみません、私はアブをあまり苦にしないので結構無茶言ってるかもしれません(汗)
でも、いいですねえ大型スクーター。
秋の紅葉シーズンなんて最高ではありませんか。

私も家族の状況をみながら行けるときに行ってみますね。
ご心配いただきありがとうございます!
Commented by troutbum_toby at 2015-07-28 19:53
yamashitaさん、

子供が赤ちゃんの頃から船に乗せていた我が家ですので、あの頃は常に船の上がおもちゃやお人形さんでいっぱいでした(笑)
銀山湖の湖上でトローリングしながらおままごと。。
筋金入りの銀山フリークの方々的には結構イラッとくる光景だったかもしれません(笑)

しかし、それが我が家なんですね。
そんなことをしながらも、自然の中で学べることはたくさんあったかなと。
少なくとも、父が銀山の何を愛し通い続けるのかは子供たちなりに考えてくれたようです。
ゆえに、魚を釣るのはかわいそうだから釣りはいやだ」となった時期もありましたし。。

家族全員で船に乗るのは今年が最後かもしれません。
こんなメモリアルな日に大きい魚を釣ってヒーローインタビューを受けるようなかっこいい父親ではないのが情けないところではありますが(笑)、父から子へ、何か一つでも感じ取ってくれたら嬉しい限りです。。


<< 20150927銀山湖(奥只見...      銀山湖(奥只見湖)トロ&夏ワカ... >>