troutbum_toby

ginzanko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車( 9 )


2018年 06月 17日

南魚沼グルメライド 100キロコース試走

昨年の100キロコースを試走してきました。


a0252243_20084036.jpeg

ちなみに私はロードバイク歴一年ちょっと。
平地CRばかり走ってましたが、一カ月前からヒルクライムにチャレンジし始めた山初心者で、ようやく地元の500mクラスの山に脚付き無しで登れるようになった程度の初心者。

今年は100キロコースにエントリー予定なことと、今時期の魚沼を走ってみたかったので試走を思いついたものの、あの辺にはコインパーキングというものがない。。
そこで、グルメライドのスタート地点である奥只見レクリエーション都市公園さんに試走で車を停めさせていただいて良いか確認したところ、了解をいただけたため利用させていただく。
(イベント等も多い場所なので毎回停めさせていただけるかはわかりませんので利用される場合はご確認を)

あつくなりそうな天気予報だったので、早朝06:30スタート。
天気最高、景色最高、車も少なくとても気持ちが良い。

a0252243_20164688.jpeg

a0252243_20062797.jpeg


何気にアップダウンを繰り返すコースなので、平地CRばかり走っていた私的にはなかなかペースが上がらず。
三国川ダムまでの道のりも地味に登り基調だが、まだまだ走り始めなのでそれなりに踏みつつダム入り口へ。

ヒルクライム最後に激坂があると聞いていたのだが、何故かギヤを一枚残した状態で楽々上がれてしまい、おかしいと思ってコースを調べ直したらなんと逆から上がってしまっていた。。
悔しいので再び正規ルートから登り直し。
最後の150m程度が確かにキツかったけれど、足付き無しで無事登りきれた。

a0252243_20224780.jpeg

ダムに落ちていた鳥の羽。
かなりデカい。。
何の羽だろ。。
a0252243_20232087.jpeg


ここまでの区間ですでに何箇所も止まって写真撮りまくっていたためかなり時間がかかってしまったのでダムを下り一気に牧野通りを目指す。

が、この区間も景色が素晴らしい場所ばかりで結局何度も止まって写真撮影(笑)
a0252243_20294661.jpeg

牧野通りを素通りし、更に先を急ぐのだが、牧野通りから先の区間も地味な上り坂が多くて意外に疲れる。

六日町インター横のセブンで水と食料を補給し、八海山を目指す。
が、三国川ダムを二往復してしまったせいか、この辺りからちょっと脚が重い。。
おまけに八海山までの道のりも地味に長い直線の上り坂をひたすら登るため、結構脚にくる。。
地味に苦しめられながらもどうにか脚付き無しで登りきれた。

a0252243_21032102.jpeg

降りてからも再び地味に登り降りを繰り返すのだが、平地では35キロくらいで巡行出来るもののちょっと登り始めると10キロ台後半にまで落ち込んでしまう。
完全に脚が売り切れた模様(笑)


どうにか無事に奥レク公園に辿り着き、終了。
a0252243_21184871.jpeg

三国川ダムを二往復してしまったせいで4時間半切り出来ず。
にしても後半のヘタレっぷりには我ながら情けないものがあり、秋までにしっかり鍛えねばと思った次第。。
予想していたよりもキツかった、というか、自分のレベルの低さを思い知らされました。

が、キツかったこと以上にこの美しい魚沼の景色の中を走れた満足感の方が大きい。
魚沼ライドしてから銀山泊が今後の定番になりそうな予感。
ブログタイトル変えねば(笑)


[PR]

by troutbum_toby | 2018-06-17 19:58 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 04日

ビワイチ(キタイチ)琵琶湖一周ライド

サイクリストの聖地と呼ばれる琵琶湖へ。。

a0252243_05095478.jpeg

今回、元自転車選手だったT師匠が一緒に走って案内してくださることになり、また釣り仲間のOさんも琵琶湖でバス釣りしながらサポートカーで参加してくださるとのことで、これ以上無い万全な態勢で挑めることになった。

私はロードバイク歴一年ちょっと。
100は何回も走ったが、それ以上の距離は先日のアラサイ130キロ一度だけ。
150走った時に自分の身体がどんな反応をするのか全く未知の世界。

先日のアラサイ130では、走り終わってから太ももが何度も攣りそうになり、本当に懲りた。
太ももが攣るあの痛みは本気で恐ろしい。
足が攣る原因といえば、運動不足、ミネラル不足、睡眠不足、水分不足等々。。
ロングの走り込みは結局出来なかったが、帰宅後の3本ローラー30分はほぼ毎日欠かさなかった。
それプラス、ミネラル不足対策として、ライド日はアミノバイタルゴールドを朝昼夕と飲んでみた。
また、水分はこまめに摂るよう気をつけた。


さてさて。。

「メイストーム直撃」などという恐ろしい天気予報が出る中、土砂降りの高速道路をひたすら走って現地入り。
今回は彦根スタートな為、ビジネスホテル芹川さんにお世話になった。
P師匠セレクトのこの宿は自転車乗りの為のプランもあり、自転車も部屋に持ち込み可能。
a0252243_05462971.jpeg
そして何より安いのがありがたい。


チェックイン後、ホテルでT師匠にホイールの振れ取りをしてもらおうとした時に事件は起こった。。
なんと、私のマドンのホイールにヒビが。。。

これでは走ることは出来ず、ホイールを買うか、あるいはロードバイクをレンタルするか。。

そこでT師匠が京都の自宅に戻りホイールを取ってきてくださることになったのだが、さすがに本気で申し訳無かったので運転は私がすることに。

帰路の名神事故渋滞もあり、彦根に戻ったのは20時を過ぎてしまった。

その後サポートカー担当のOさんと合流し、彦根インター近くの王将で前夜祭。
a0252243_05573927.jpeg

私のせいで皆さんビールも飲めずで本当に申し訳ないw


宿に戻り、T師匠とP師匠二人掛かりでホイール交換やらバーテープ巻き等をしていただき、終わったのは結局22時過ぎ。
何の技術もない私はただただ平身低頭で師匠達の作業を見守るのみ。。

ご、ゴメンナサイ。。w



翌朝、雨はやんだもののどんよりとした曇り空。
駐車場に集合し、リーダーT師匠からの挨拶と注意事項の確認が告げられる。
道の駅などでよくサイクリスト達が集合してのそんなシーンをみかけるが、体育会系とは縁のない世界で育ってきたワタクシ的にはなんだかとても新鮮。
大げさに聞こえるかもしれないが、自分もサイクリストになったんだな、これから琵琶湖一周するんだな、という実感がまさにここで湧き出てきた。

風も強く寒い中、サポートカーのOさんに見送られてスタート。

「ゆっくり走るからついてきて」と言うT師匠についていくも、速いw
T師匠のゆっくりが私のハイペースよりまだ速いww
おまけに爆風向かい風な上に雨も本降りに。。
最初の休憩地点の水鳥ステーションですでに泣きが入るw

a0252243_06145941.jpeg


というか、サポートカー担当のOさん、ここまでの間ですでにもう釣ったらしいw
前日からの大雨と強風で水が悪い中、ホントさすがとしか言いようが無い(笑)


爆風の中再スタートし、不安だった賤ヶ岳の登りに入るも、ここはT師匠が言ってた通りにまさに一瞬で問題なく終わる。


次の休憩ポイントの道の駅あぢかまの里であんぱんを補給(笑)

a0252243_06320455.jpeg

手作りのお惣菜やお弁当がズラリと並んでいたが、実はワタクシこの手が大好き。。

a0252243_06330820.jpeg

後ろ髪を引かれる思いで再スタート(笑)

道の駅で車からおりた人たちが口々に「寒い」を連発していたが、本当に寒い。
ここから先もひたすら強風向かい風、そして雨。。

a0252243_18210542.jpeg

a0252243_18212975.jpeg

途中リーダーオススメの撮影ポイントでパチリ。
リーダーに巻いてもらったスパカズが超絶カッコいい(笑)
天気が良かったらなぁ。。



そして、どうにかこうにか本日のランチポイントであるイタリアン ベーカリー Paneclassicoitalianoさんへ。

a0252243_06391567.jpeg

a0252243_06412161.jpeg
サポートカーOさんも合流して、大休憩ランチ。
ビワイチ慣れしたベテランと一緒とはいえ、自分の身体がどうなるかは未知数なだけに、何かあった時のために車でのサポートさんがいるってのは本当に何事にも代え難い安心感があった。ホントに感謝感謝。。

a0252243_06424693.jpeg

すぐにエネルギーになるようビワイチサイクリストの為に作ったというフランスパンにチョコレートを挟んだパンをいただく。
疲れた身体に甘いパンが最高に美味い。
外テーブルも、建物で風が遮られて暖かくて助かった。
店のおじちゃんおばちゃんもサイクリスト慣れしていて本当に親切。
ボトルの水も補給させていただき、再スタート。

a0252243_06470906.jpeg

このノボリがあるお店は空気入れ等も借りれるようですね。


その後、心配していた高島周辺は強い横風。
怖いが、向かい風よりはまだマシ。

白髭神社は交通量が多く横断が危険なため、路肩からパチリ。

a0252243_16175450.jpeg

ここから琵琶湖大橋までは交通量が多く道も狭くなるので十分注意するようにとリーダーから指示が出る。
要所要所でこうやって説明してもらいながら先導してもらえるのでホントに安心して走れる。
そしてこの時のリーダーとNさんとの関西弁のやりとりが、ヘタな漫才よりはるかに面白い(笑)



車道慣れしていないワタクシ的にはかなりの緊張を強いられた区間だったが、こちらのドライバーさんは本当に自転車慣れしている様子で、横をスレスレに抜かしていくようなクルマがほとんど無い。
これ、非常にありがたかった。


道の駅琵琶湖大橋米プラザ着。
a0252243_16235500.jpeg
ここでようやく100キロちょい。残りはまだ50キロある。
オロナミンCを補給し再スタートするも、琵琶湖大橋を登る最中に右脚に違和感が。。
そして、琵琶湖大橋頂上で自転車から降りようとした時に右脚が攣りかけるw
が、足は攣ろうが写真は撮るw

a0252243_16263370.jpeg

入念なストレッチ後再スタート。
ここからはもうT師匠とP師匠のペースには完璧についていけないため、昨年心臓の手術をしてゆっくりペースで走るNさんに引いていただく。
相変わらずの強風向かい風ともあいまって、そのゆっくりペースすら正直かなり必死。


最終休憩ポイントの近江八幡のファミマに到着。
ここからラスト20キロ。
ラストスパートに備えてアミノ酸とスイーツとホットコーヒーを補給。

a0252243_16523727.jpeg
疲労困憊な我々に対して、途中ルートを変えて山越えしてきたというリーダーT師匠は全くの余裕しゃくしゃく状態w
恐ろしい人だww

余談だけれど、この辺りはSuicaエリアでは無くてICOCAエリアだと思うのだけれど、どのコンビニでも、また彦根のクスリのアオキでもSuica支払いが普通に出来た(笑)
「Suicaてなんやねん」的な店員さんが一人や二人いるのかなあなんて思っていたが皆無だった(笑)
そりゃそうか(笑)でもSuicaて凄い(笑)


補給もガッツリいったところでラスト20キロスタート。
相変わらずの強風向かい風の中、ここからはP師匠がひたすら私のペースに合わせて引いてくれた。

a0252243_17040459.jpeg

a0252243_17213271.jpeg

来年のビワイチではワタクシがガンガン引っ張れるように、なれたらいいなw

ゴール地点までのラスト約2キロ、全開で踏み込むT師匠を追いかけるのが何故か楽しかった(笑)
まあ、全く追いつかないのだけれど(笑)

a0252243_17073945.jpeg

そして、ゴール。

a0252243_17085856.jpeg

昨夜のホイール割れ発覚の時点ではそれこそ走ることすら出来ないかと覚悟するような状況だったが、先輩方に助けられ、150キロ無事完走。
持つべきものは友だとつくづく思った次第。


ホテルのフロントに鍵を取りに行くと、鍵と一緒に入浴剤のバブをくださった。
これでゆっくり疲れを癒してくださいって一言が、なんだかとてもありがたかった。


お湯でしっかり足を温めてほぐしてからようやく魚民で打ち上げ。
a0252243_17142717.jpeg

この一杯のために頑張った(笑)
最高に美味かった。

関西弁で盛り上がる皆さんの会話が本当に面白いのだけれど、ここでふと気がついた。。
二日間関西弁に囲まれていると、何故か自分も関西弁ぽく喋ってしまうw
関西弁は伝染するようだ(笑)


さてさて。。

ロードバイク歴一年ちょい、外乗りはあまりせずほとんどローラーばかりな初心者な私でもなんとか走ることが出来たが、来年のビワイチへの課題はやはり脚の筋力アップ。
三本ローラーと平坦なCRばかりじゃやはりダメだ。
山にも積極的に行って、スクワットもキッチリやろう。

と、その前に、またこのメンバーで秋の南魚沼グルメライドにも参加する予定なので、三国ダムの登りに備えて今から真剣に鍛えねば。。

そんなこんなで最近自転車ばかりで全く釣りに興味がない(笑)
銀山も解禁したが、近々釣り竿ではなくて自転車を積んで湖山荘に行こうと目論んでたりする。。

しんちゃんにどやされるな(笑)

[PR]

by troutbum_toby | 2018-05-04 05:02 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 28日

荒川サイクリングロード130キロ金八先生ロケ地ライド

桜満開のアラサイへ、久々ロングライドにP師匠と行ってきました。

a0252243_08185356.jpeg

朝8時秋ヶ瀬公園駐車場集合スタート。
ここは朝5時から開いてるし無料なのでサイクリストにはありがたい。
秋ヶ瀬橋から清砂大橋まで右岸を走り、清砂大橋を左岸に渡ってディズニーランド入り口まで走る右岸コースをとる。
土日祭日の右岸は歩行者だらけでマトモに走れないというブログ記事が気になっていたが、平日ならほとんど問題無かった。

途中、桜が綺麗な場所があったのでちょっと撮影。


a0252243_08283380.jpeg

近くの鉄橋を渡る電車がやかましかったので何気に見たら東北本線やら京浜東北線が走っていた。
いつも電車に揺られて走っていた場所だったのか(笑)


花粉症が酷い私はその辺が心配だったのだが、薬も良い感じに効いてきて、足の回りも意外と良い感じで時速30キロ超ペースで快適に葛西を目指していると、あっという間に堀切駅着。
が、ロケ地巡りは復路でと決めてあったので一旦素通り。

そのまま良いペースであっという間に葛西着。

a0252243_08362825.jpeg


せっかくなのでそのまま357を走りディズニー入り口まで。

a0252243_08372193.jpeg

子どもにおみやげでも買って行こうかと思ったが、自転車だった(笑)

a0252243_08381915.jpeg



その後、本日のメインである金八ロケ地巡りに向けて堀切駅を目指し復路スタート。
やはり目的があると足のまわりも良いようであっという間に堀切駅へ。

金八先生によく出てきた駅の陸橋を自転車担いで渡る。

a0252243_08412353.jpeg


a0252243_08414285.jpeg

この電話ボックス、金八1の頃からありましたね。
当時は黄色電話だったけど。


a0252243_08432581.jpeg
オープニングで金八先生達や生徒が通学してくる路地。

40年も経てば建物もみんな変わってしまってはいたけど、ここを金八先生達が歩いていたんだなぁなどと思いながらしばらく土手の上で佇むワタクシ。。

そんなワタクシを土手の下で呆れながら待っているP師匠w
a0252243_08471029.jpeg
申し訳ないww

その後、堀切駅近くのココスでランチ。
a0252243_08483348.jpeg

どこにでもあるファミレスだし味気ないっちゃ味気ないけど、特にお店も無いアラサイ沿いだし、アラサイサイクリスト御用達だという某飲食店は高くてマズいらしいし、ならばハズレのない安パイ選択ってことで(笑)
このココスは駐輪場もあるし、場所を選べば地球ロックも出来るから安心。
サイクリストも良くくるのか、サイクルジャージ姿でも変な顔はされませんでしたw


エネルギーチャージして次は秋ヶ瀬を通り越して榎本牧場を目指す。
途中TT系のお姉さんを本気追いしてしまい、それですっかり脚が終わってしまい、向かい風とも相まって100キロ過ぎた辺りから結構脚がヤバかった(笑)

a0252243_08544994.jpeg

ブルーベリージェラート。

榎本牧場さんのジェラートは初めて食べたけど、コレは美味いわ。確かに美味い。
が、夕方だったのですっかり冷えたw

脚が終わった上にエンジンも冷えてしまい、更に向かい風ともあいまってそこから秋ヶ瀬までの区間は結構辛かったが、どうにか到着。


距離130キロ実走時間はなんとか6時間を切れた。
100キロ超の世界は初体験だったけど、来月のビワイチに向けていろんなデータが取れた良いライドだった。

昨年10月の魚沼グルメライド以来ほとんどマトモに自転車に乗っていなかったのだが、さすがにこれでビワイチは無理だろうと3週間前から自宅で毎日30分だけローラーを回していたのだけれど、やはり30分とはいえローラーは結構効果があるようだ。
P師匠からもローラー効果についてお褒めの言葉をいただけた。
とりあえずビワイチまでは毎日続けてみよう。

ビワイチも正直楽しみよりも不安のが強かったのだけれど、今回130を走れたのでビワイチもなんとかなるだろう。
かなり楽しみになってきた。
早く走りたいw
a0252243_09113270.jpeg

[PR]

by troutbum_toby | 2018-03-28 08:16 | 自転車 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 02日

第4回南魚沼グルメライド参加

以前から走りたいと思っていた魚沼の田園地帯を、イベントに参加して走ってきました。

a0252243_10363188.jpeg


早朝、指定された駐車場に到着するとすでに準備している方がチラホラ。
a0252243_09021666.jpeg

65キロコースに参加でスタート時間の遅い私はゆっくりと準備。
朝7時頃の気温は14度で肌寒いが日中は30度近くまで上がる予想。ウェアの選択に悩みまくり。。

先に出発していくスタート時間の早い100キロ組みの皆さんのウェアを参考にして、夏用ジャージ&レーパンにアームカバーのみの装備でスタートすることに。


スタート地点の奥只見レクリエーションセンターに到着すると、こんなイベントには初参加の私的には恐ろしいほどの自転車の台数に圧倒される。。
全国から1,500人近い自転車乗りが集まったらしい。


仲間と合流し、早速スタート前から朝食エイドで魚沼名物きりざい丼をいただく。さすがグルメライド(笑)

a0252243_09131767.jpeg
ご飯粒ついてるの気付かず(笑)
納豆がダメな私は「抜き」でお願いしましたが、それでも美味かった。


07:30過ぎに100キロ組がスタート。物凄い人数(笑)
08:00頃から65キロ組もスタート地点に並び始めたので我々も並ぶ。
100の皆さんはやはりというかジャージ&レーパンな方が多かったけれど、65の方はジャージもいればカジュアルもいればロードバイクもあればクロスやミニベロもありで和気藹々としたユルい雰囲気。

08:20、スタート開始。
そのスタートの挨拶が「消費カロリーより摂取カロリー!を目指して頑張ってください」的なもので非常にステキな挨拶でした(笑)

a0252243_09265792.jpeg

先頭左にいるピンクジャージはブリッツェンフェアリーの皆さん。
この枠二列毎に順次スタート。

グルメライドだからゆっくりペースなのかと思いきや、意外にも皆さん結構速い(笑)
何気にアップダウンもあって楽しいコースを、しばらくフェアリーの皆さんと(勝手に)トレイン組みながら走らせていただく。

で、20キロくらい走ったところで第1エイド到着。
a0252243_09372557.jpeg

a0252243_09374161.jpeg

a0252243_09375854.jpeg

カレーうどんでした。
結構な量で焦る^^;
さっききりざい丼食べたばかりでまたこんなに食って、果たしてこの後のエイドでも食いきれるのだろうか(笑)


そんな不安を抱えつつ再スタート(笑)

a0252243_09403521.jpeg

天気最高!!
この美しい空の下、以前から走りたいと思っていた魚沼の田園地帯を走れるのが本当に最高に気持ちいい。

a0252243_09414667.jpeg


で、第2エイドの塩沢宿牧之通りに到着。

a0252243_09423773.jpeg

ステキな街並みだったがライダーの多さに圧倒されて写真撮れず(笑)
このもち豚と、特にごはんの美味さは感動もんだった。
ペロリと完食(笑)

お腹パンパンになりながら再スタート。
ここからはゆるく地味な登りが続く区間で、初心者と思われる皆さんは結構ツラそうだったけど、沿道の地元の皆さんが「頑張れ〜」って大きな声で声援を送ってくださるのが本当に嬉しかったし励みになりました。


そして第3エイド到着。

a0252243_09533849.jpeg

a0252243_09542984.jpeg

久々に食べた甘いものが涙が出るほど美味かった(笑)
写真撮り忘れたけど、八海山の麹で作った氷入り甘酒(間違えてたらすみません)が素晴らしく美味かった。
甘酒嫌いなので断ろうかとも思ったのですが、飲んでみて美味くてびっくり。断らなくて良かった(笑)

ここまで来るとゴールはあと少し。
なんか夢中で走りまくってしまったけれど、美しい景色をもっとゆっくり楽しみながら走れば良かったなあなどと反省しながら向かい風の中最後の直線を走る。

で、無事ゴール。
ゴール地点の沿道の皆さんから「お疲れ様〜」「おめでとう」のあたたかい声援がとても嬉しかった。


完食賞(笑)
a0252243_10150390.jpeg


ほぼ一年前から仲間と参加しようと決めて準備してきた大会だったけれど、大会関係者の皆さんはにこやかな笑顔でみんなステキだったし、沿道の皆さんのあたたかい声援も嬉しかったし、天気最高景色最高食べ物も美味くて本当に参加して良かったなあと心から思えるイベントで、魚沼がまた更に好きになりました。


内気な僕的にはフェアリーの皆さんや栗村さんとの記念撮影をお願い出来なかったことが非常に悔やまれますが(笑)、来年はその辺含めて楽しませていただけたらと思います。


終了後、TSUNEIさんの美しい歌声に酔いながら抽選会を待ち、抽選開始。
a0252243_10282080.jpeg

八海山純米吟醸やら魚沼コシヒカリやらヨダレが出そうな賞品がたくさんありましたが、残念ながら私はスカ(笑)
ので、湯沢のノグチで妻に日本酒を買って帰りました(笑)

来年は100キロに参加です!



[PR]

by troutbum_toby | 2017-10-02 08:56 | 自転車 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 12日

桜とmadone。。

a0252243_20330159.jpg


a0252243_20332339.jpg



a0252243_20340522.jpg



a0252243_20343150.jpg



a0252243_20351236.jpg



a0252243_20353229.jpg

おしまい

[PR]

by troutbum_toby | 2017-04-12 21:51 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 05日

渡良瀬ライド&藤屋食堂&アングラーズエリアhook

AM渡良瀬ライドPM渡良瀬川フライフィッシングの予定でP師匠と出かけてきました。

a0252243_10135871.jpg

P師匠到着前に川の状況を偵察がてらポタポタしてみるも、何だか私が知るこの時期の渡良瀬と様子が違う。
釣り人も皆無だし魚っ気も感じられない。。

a0252243_10190387.jpg

その後P師匠と合流し足利方面へ。

a0252243_10210573.jpg

タイレルのクロモリに試乗させてもらうも、走り出しからして私のマドンよりも走りが明らかに軽い。
これが「コンポーネントの差」というものなのか。。
そういえば以前K女史のチネリに乗せてもらった時も、踏めば踏んだだけグイグイと前に進んでいく感覚にやたら感動した記憶があるが、自転車初心者のワタクシにはまだまだ分からないことばかりだ。。




川を見ながら走るも途中見かけた釣り人はルアーマン1人のみ。

うーむ。。。

いろいろと答えが見つからないままにそのまま折り返して桐生の藤屋食堂へ。

a0252243_10275347.jpg

ちょっと早く着いてしまい外で開店待ちしていると、親父さんがニコニコと満面の笑みで迎え入れてくれた。
こういうのも味のうちだよなぁ。。


P師匠は桐生といえばのソースカツ丼。

a0252243_10325564.jpg



ワタクシは卵カツ丼。

a0252243_10333880.jpg


そしてこの黄色いたくあんがたまらない。
a0252243_10373924.jpg
丼ものにはやっぱコレ(笑)


さすがに人気店だけあって本気で美味かった。
なんだかとても懐かしい味。
お店の方も優しくて愛想よく、また来たくなるお店でした。

食べ終わった頃には満席となり、待ちのお客さんもだいぶいたようなのですぐに退店し再び渡良瀬川へ。



団地裏まで走り川を覗いてみるも、何の雰囲気も気配も無い。。
呆然と川を眺めるP師匠w
a0252243_10441393.jpg




予定大幅変更、hookへ(笑)
a0252243_10501924.jpg


hookのオーナーに今季の渡良瀬の状況などをお聞きし、渡良瀬で感じていたモヤモヤの理由が少し理解出来た気がした。

「癒されてってよ(笑)」というオーナーのお言葉通り、P師匠も手持ちのフライのテストを兼ねていろいろ試しながらたくさん釣っていたようだ。

a0252243_13105319.jpg


夕方には風もやみ湖面はライズだらけ。

「あまりに状況が良くてもったいないから今日はcloseを30分サービスで延長するよ」とオーナーからの嬉しいお言葉が。。

a0252243_13134489.jpg

夕まずめ、堪能させていただきました。
オーナー、ありがとうございました。



今回はP師匠に渡良瀬の綺麗なヤマメを釣ってもらえなかったのは残念だったけれど、人に恵まれ、美味しいものにも出会え、なかなかに良い1日だったんじゃあないかな。


しかし、肘の故障でしばらく自転車から遠ざかっていたためにちょっと走っただけなのに夜足が攣りかけた^^;
また再びゼロからのスタートになってしまったが、秋の魚沼グルメライドに向けてがんばって鍛えよう。




[PR]

by troutbum_toby | 2017-04-05 10:11 | 自転車 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 09日

群馬炭水化物グルメライド

チャリ部部長のP師匠にお付き合いいただき、群馬炭水化物グルメライドに。。

a0252243_07395964.jpg


高速からアクセスしやすくパーキングも多い本庄早稲田駅待ち合わせで出発。

a0252243_07415923.jpg
風は無いが、薄曇りで恐ろしく寒い。
rericのインナーに、パールイズミの5℃対応のウィンドブレークコミュータージャケットを羽織ったのだが、当たり前だけれど走って身体が暖まるまでは恐ろしく寒い(笑)
P師匠からのアドバイス通り、更にモンベルのウィンドブレーカーを羽織ってスタート。
この時期真剣に走るのはほぼ初めての経験なので、この辺の服装の選択がさっぱりわからない。。


本庄市街地を抜け、利根サイへ。

a0252243_07512272.jpg

踏み込むと前日に痛めた右膝が痛む。。
24キロくらいの速度でしか巡行出来ずで後ろにピタリと張り付くP師匠からのプレッシャーをガンガン感じるのだが(笑)、とりあえず無理のない速度で完走を目指す。


群馬県庁横でベタな一枚。
a0252243_07573539.jpg

京都のT師匠からいただいたビンディングペダルとカーボンホルダーがマドンちゃんによく似合う。
a0252243_08004599.jpg

前回走った時は、前橋市内は坂とカーブだらけで走りづらくて仕方なかったのだが、今日は逆にそれがなんだかとても楽しい。


そして、第一目的地の前橋のカプリチョーザでパスタランチ。

a0252243_08052366.jpg
サラダも食べないとね(笑)

a0252243_08054751.jpg

「バジルを練り込んだタリアテッレ海老とジェノベーゼソース」だったかな?(笑)
実は、シャンゴか高崎のはらっぱかここかでかなり悩んだのだが、とりあえず店員さんの接客が爽やかで素晴らしかったのでヨシとしよう(笑)

お腹いっぱい、食後の珈琲。。
a0252243_08305931.jpg

おっと、マッタリしてる場合じゃない(笑)


P師匠がお土産に群馬の地酒を買いたいと言ってたので、第二目的地のクロフトベーカリーに行く前に前橋駅にある前橋物産館へ。
a0252243_08550706.jpg

焼いてある焼きまんじゅうも売っててびっくり(笑)


そして、わたくし的今日イチの目的地、前橋クロフトベーカリーへ。
a0252243_08571371.jpg

パン屋さんというと、トレーを持ってパンを選んでレジへ。。という店が多いけれど、ここは「これください」的な店員さんとの対面販売。私はコレがとても大好き。
聞くといろいろなことを教えてもらえる。
奥でパン作りをしているオーナー(?)さんも、作業しながらお客さん一人ひとりに丁寧に声をかけてくださる。
狭い店内なので、お客さん同士もまた邪魔にならないよう互いに気をつかい合う。
当たり前っちゃ当たり前だけれども、そんな優しい時間がここには流れている。とても素敵な空間。

お気に入りのアールグレイのクリームパン。
a0252243_09401398.jpg

朝にFBで見た、ほうれん草松の実系とオイルサーディン系のコカ2種類も買えたのだけれど、オイルサーディンのコカ、涙が出るほど美味かった。。
今日は自転車だったので荷物の都合上食パンが買えずで残念だったけれど、でも、大満足。


その後前橋市街地を移動し桃ノ木川サイクリングロードへ。

実は今まで車道を走るのが怖くてサイクリングロードばかり走っていたのだけれど、今回前橋駅周辺を自転車で走ってみて、こういうのもまた楽しいのだなぁと思えたことは私的には大収穫だったかもしれない。
長く続けるにはやはり楽しくなきゃ。


桃ノ木川〜広瀬川サイクリングロードを走り、第四目的地である伊勢崎市の大甘堂へ。

a0252243_09524033.jpg

昔から長く続く老舗の焼きまんじゅう屋さんらしく、年配のご主人の年季が入った焼き姿、炭火を扱う姿を眺めているのがとても楽しくて、待っている間も全く飽きることがない。

a0252243_09554725.jpg

流石の一品でありました。
こんな写真しか撮れずで申し訳ないくらいに美味かった。

a0252243_09565323.jpg
肌寒くなり始めた時間帯だっただけに、一緒に出していただいたお茶が温かくてホントに美味かった。


その後伊勢崎市街地を抜け、R462を走り本庄を目指す。
慣れない車道を頑張って走ってみたが、デカい大型トレーラーにスレスレで抜かれるのはやはり恐怖以外の何物でもない。。

どうにか無事に最終目的地である本庄のベーカリーズキッチンohanaへ。

a0252243_10012804.jpg

ここはパンを買うとテラスでの珈琲が無料なので、今回の無事完走を祝い、P師匠と珈琲で乾杯。

a0252243_10025484.jpg

走行距離約70キロ。
今回は膝の不調もありあくまでもゆるゆるなグルメライドだったとはいえ、さすがにゆるすぎたし食い過ぎた(笑)
まあ、でも、たまにはこんな日があっても良いべ(笑)
けど、次回はもう少し真剣に走ろう(笑)


まるっきりワタクシの趣味の世界に1日お付き合いいだき、というか、こんなゆるゆる過ぎるライドに(笑)1日お付き合いいただいたP師匠、ありがとうございました。

ワタクシもP師匠やT師匠とガチで1日一緒に走れるレベルになれるよう、努力せねば。。

[PR]

by troutbum_toby | 2016-11-09 07:36 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 11日

利根川サイクリングロード100キロライド

初、100キロライドチャレンジ。。

a0252243_14362410.jpg


先日、自転車師匠のT氏達が琵琶湖フル一周ライドにチャレンジし、見事達成された。
その時のT師匠のデータを見せていただいたのだが。。
a0252243_14291337.jpg

かなりの向かい風の中、187キロを7時間平均時速26キロで走りきってしまったらしい。。
いったいどうしたらその距離をそんなペースで走りきれるのか、自転車初心者のワタクシ的にはただただ憧れるばかりである。。。


それにすっかりインスパイアされ、私も利根川サイクリングロードで100キロライドにチャレンジ。

初めての100キロチャレンジでは30キロ毎に強制的に休憩しろとどこかで読んだ気がしたので、とりあえず30キロで1回目の休憩。
a0252243_14414991.jpg

風もなく良い感じで走れたけれど、足が終わるのを恐れて22キロキープ位で走った。
a0252243_14433017.png
徐々にペースが落ちてるのが我ながら情けない(笑)

その後前橋エリアに入ったのだが、ここは初めて走ったがこんなにも坂とカーブだらけだとは知らなかった。。
オマケに通学時間と重なり道幅いっぱいに並んで走る高校生を抜くにも一苦労でペース上がらずちょっとイライラ。
a0252243_14471170.png


群馬県庁。
a0252243_14474593.jpg




ここは利根川冬季ニジマス釣り場だった気がするが、釣り人が何人かいた。
a0252243_14513816.jpg

淡水は銀山以外卒業してしまったワタクシではあるが、やはり気になる。。
ウワサのハコスチ、釣ってみたいなぁ。。


その後渋川終点まで行くか悩んだが、手前でUターン。
高校生のいなくなったサイクリングロードを快調に飛ばす、ハズだったのだが、70キロを越えた辺りから向かい風になり辛抱の時間が続く。

80キロを越えた辺りで追い風になった為、フロントギヤをアウターに切り替え一気にラストスパート態勢に。
追い風に押されぐんぐんスピードを上げて40オーバーで快調に走るもすぐに足が売り切れてしまい。。
ラスト10キロがまあ辛かった(笑)
調子に乗ってはイカンな^^;


どうにかこうにか無事100キロ完走。
a0252243_15042908.png
T師匠から言われた「実走4時間半」の目標には届かなかったけれど、初めてだし走りきることが大切ってことで(笑)



今回、水をボトル一本、500mlのスポーツドリンクを二本、チョコレートバーを二本持って挑んだのだが、チョコバーは休憩時に食べたが飲み物はスポーツドリンク一本飲んだだけだった。

また、まだまだ「本気ジャージ」を着るレベルにないワタクシ的には服装もかなり悩んだのだが、速乾長Tの上にモンベルのウィンドブレーカーでちょうど良い感じだった。
これから寒くなるにつれ、服装も難しくなっていくのだろうなぁ。。


今週末はチャリグループのkick-off meeting。
釣りも同じだけれど、やはり仲間と過ごす時間は楽しい。

祈、晴天!!

[PR]

by troutbum_toby | 2016-10-11 14:26 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 12日

渡良瀬サイクリングロード足利編

ちょっと時間が空いてしまったが、前回のブログの続きを備忘録というか日記的に。
a0252243_20252049.jpeg

鯱屋さんでの宴の後、館林のビジホに戻りPさんにもう一杯お付き合いいただく。
a0252243_19053256.jpeg

翌日は朝から自転車に乗る予定だし、前夜は釣りのためほとんど寝てないしでこの後すぐ自分の部屋に戻りバタンキュー。。

翌朝。
館林から利根サイへまわり、太田のフライフィッシングショップトラッタさんへ行く予定だったのだが、調べてみたらなんと定休日。
予定を大幅に変更して急遽渡良瀬サイクリングロードを走り足利のカフェでランチして帰るコースに。

a0252243_19094881.jpeg

Pさん、ご自分のキャノンデールの他にワタクシ用にGIANTのクロスバイクまで車載して持ってきてくださった。
宿の駐車場でチョチョイと組み上げ、10時過ぎにスタート。
今回は宿泊した館林グランドホテルさんのご好意で夕方まで車を停めさせていただけることになったので助かった。

県道7号線から渡良瀬サイクリングロードへ。
Pさんの先導で時速24キロ前後のペースで進む。
いつもの折りたたみAmazon号なら結構必死に漕がないとならないペースだが(笑)、ホンマもんのスポーツバイクってぇのはホントに凄いもんだ。。余裕で着いていくことができる。。

あっという間に第一目的地である渡良瀬橋に到着。
森高好きならやはりここで写真撮らにゃw
a0252243_19204568.jpeg
道行く車のドライバーの冷ややかな視線を感じつつw、そこから第二目的地であるカフェ杏奴さんへ。

a0252243_19233379.jpeg

入り口に自転車2台停めさせていただいたのですが…と言いかけると「どーぞどーぞ大丈夫ですよ。どちらからいらしたんですか?」と実に明るく元気な杏奴ママが出迎えてくださった。
店内もとてもお洒落なのだがなんだか凄く落ち着く。
a0252243_19303570.jpeg

杏奴ママオススメのカレーセットを注文し店内を見渡すと、壁一面に古書がずらり。

a0252243_19322792.jpeg

a0252243_19325826.jpeg
難しそうな本もたくさんあったのだが、ついこの手の本に手が出る中年オヤジ2人組み(笑)
1980年代前後の週刊プレイボーイがおそろしく綺麗な状態でたくさんあるのにはビックリした。。
a0252243_19362024.jpeg
太田裕美さん、今もお綺麗ですなぁ。。

そしてお待ちかねのカレーセット。
a0252243_19374706.jpeg
スパイシーで疲れた身体にはたまらない。
なんか、ママもビックリな速さで完食してしまった(笑)
写真撮り忘れたけど、コーヒーが実に美味かった。

もう自転車なんかよりここで1日読書していたい気分になってしまったが、第三目的地のパンヂュウ屋さんを目指し出発。
杏奴ママいわく、足利のソウルフードなのだとか。

杏奴さんからものの数分で到着(笑)
a0252243_19422736.jpeg
休みじゃなくて良かった(笑)
公園の一角で営業してるお店なのだが、常にお客さんが並んでいる様子。
買ってすぐに食べたかったのだがさすがにお腹いっぱいなのでバッグにしまい、一路館林を目指す。

帰りはかなりの向かい風。
その中を時速30キロオーバーで頑張って漕ぎ続けたら館林に着いた頃にはヘロヘロになってPさんに笑われてしまったw
まだまだ駆け出しの初心者ですからww

なんだかんだで走行距離約40キロくらいだったろうか。
慣れているPさん的には準備運動くらいな距離だったようだが、初心者のワタクシには十分な距離だった。

独りで走るのと違ってやはり仲間と走るのは楽しい。
そして、楽しい時間というのはあっという間に過ぎるもの。
駐車場に戻り帰り支度。

半日相棒を務めてくれたGIANT号とお別れするのは寂したかったのだが、なんとPさんがしばらくの間ワタクシにGIANT号を貸してくださるとのこと。。

お言葉に甘えてGIANTぴよぴよ号でしばらく修行をつませていただき、自分に向いた自転車探しをしよう。
持つべきものは友、というが、本当に感謝感謝です。

近々、100キロライドにチャレンジ予定。。


[PR]

by troutbum_toby | 2016-08-12 18:52 | 自転車 | Trackback | Comments(0)